ソリューションサービス事業部/鈴木 浩之

音楽が好きなのでDJや打ち込みで作曲(DTM)したり、子供とゲームをやって遊んだり、好きなお酒を飲んで楽しく過ごしてます。

ソリューションサービス事業部
スマートソリューション開発部

鈴木 浩之
入社年度
2004年入社
卒業学部
大学院 技術社会システム専攻 工学研究科
趣味
音楽、お酒、子供とゲーム 等

音楽が好きなのでDJや打ち込みで作曲(DTM)したり、子供とゲームをやって遊んだり、好きなお酒を飲んで楽しく過ごしてます。

音楽が好きなのでDJや打ち込みで作曲(DTM)したり、子供とゲームをやって遊んだり、好きなお酒を飲んで楽しく過ごしてます。

仕事内容

ペタバイト級のデータそのものが大きな資源。その資源を磨きあげ宝にする。

ペタバイト級のデータそのものが大きな資源。
その資源を磨きあげ宝にする。

社内のビッグデータ統合分析基盤システムの開発と運用を担当していています。
小規模なチームで開発と運用を繰り返し(DevOps)ながら、ドコモが通信事業者として蓄積する通信品質に関するログ総合サービス企業として蓄積するd系サービスの利用ログなど、多種多様かつ膨大なデータを格納する基盤の構築・管理運用を行っています。
全国のドコモグループのデータサイエンティストやデータアナリストを含む利用者が分析を行い、大規模データから通信品質の向上や新しいマーケティング方法の提案など多くのサービスに役立てています。

やりがいのあった仕事

先進技術を取り込み、自らの手でシステムを作り上げる醍醐味

先進技術を取り込み、自らの手でシステムを作り上げる醍醐味

このシステムは、自分たちのチームが内製で作っています。
自分たちでシステムの問題点を見つけ、その改善策を考えて実装までやっています。
最終的にそれが商用システムとして使える状態までをサイクルとして回すことができた時にやりがいに繋がったと感じます。
また、新しいサービスや技術を取り込んでいくために、海外の先進的企業の活用事例やカンファレンスへは積極的に参加し、GAFAのようなトップ企業のエンジニアとたくさんコミュニケーションをとりながら交渉・情報共有をしています。そういうグローバルな活躍ができるのも大きなやりがいの一つだと思います。

求められる資質

変化に適応する/グローバルな視点で考える

変化に適応する

ビッグデータやAIなどの世界は、サービスや技術の移り変わりのサイクルが非常に速いので、常に最新の情報をフォローしながら、自分で学ぶ努力を続けていくモチベーションが求められると思います。

グローバルな視点で考える

新しいサービスや技術の多くは海外から発信され、グローバルに展開されるのでそれらを取り入れるために海外の文献をチェックしたり、エンジニアとコミュニケーションをとったり、またドコモとして外に情報を発信していく必要があるので、常にグローバルな視点で考えて行動する柔軟さがある人が向いていると思います。

私の一週間

  • Mon.

    AMシステムの運用状況やトラブルチェック、ユーザ問い合わせ対応

  • PM午前中の問い合わせに対し改善策を検討し、コーディング&リリース(高速PDCA)

  • Tue.

    AMKDD CUP(データ分析競技)のドコモグループ連合チームのミーティング参加

  • PM社内データサイエンティストチームとの定例ミーティング参加(要望ヒヤリング)

  • Wed.

    AMインフラ構築チームのミーティング(各種課題や進捗の共有)

  • PM社外クラウドネイティブ技術カンファレンス参加

  • Thu.

    AM海外クラウドベンダとの打ち合わせ + ランチミーティング

  • PM若手メンバーのタスクレビュー/サポート

  • Fri.

    AM最新クラウドネイティブ技術の調査&検証

  • PM社内技術勉強会

    ※就業後はそのままHappy Hourで乾杯

  • Sat. Sun.

    家族でショッピング、カフェ/Bar巡り、サーフィン、動物ふれあい、御朱印巡り、etc.

キャリアプラン

自分と相手のアセット(技術・データ)を意識し、積極的にコラボする。

現在は5GやAI、IoTなどの面白い技術もたくさん出てきていますが、いずれもデータの活用が鍵になると考えています。今はどちらかというと技術中心でやっていますが、今後は技術力を強化しつつ、データを活かしたビジネスの創出や社会問題解決の取り組みを両軸でやりながら、グローバルに活躍できる人材を目指しています。

上司からのひとこと

海外のカンファレンスで得た生きた情報や経験した新たな技術を是非とも後輩を巻き込みながら広く発信していって欲しいと思います。

松原 直樹

数多くプロジェクト経験で培ったズバ抜けた技術力だけではなく、後輩の育成や他部署・お客様との交流で見せてくれる求心力の高いコミュニケーション能力が鈴木さんの優れたところだと思っています。
海外のカンファレンスで得た生きた情報や経験した新たな技術を是非とも後輩を巻き込みながら広く発信していって欲しいと思います。